みんなまる(=´∀`)人(´∀`=)

まーきーなりの人間関係を温かく心地いいものにする在り方を書きとめていきます╰(*´︶`*)╯♡

なぜ経験を重ねると、人に優しくなれるのか。 | Books&Apps


なぜ経験を重ねると、人に優しくなれるのか。 | Books&Apps

最近納得した記事。

 

 

特に印象に残った言葉。

 

気が回る人とそうでない人の違いは、「気が回らなかった誰かの影響で、自分がつらい思いをしたことがあるかどうか」にある。

優しい気持ちを持っているかどうか、という「気持ち」の問題ではなく、「経験の有無」の問題だ。

 

何歳になっても優しさが身に付かない人もいる。それは性格の問題ではなく、経験の問題、つまりどんな人生を歩んできたかということなのかもしれない。

 

 

今迄の人生で、困っている時に、助けてくれた人たちとの場面や物事を思い出すと、自分もそんな人間になろうと、なりたいと、なる☻

 

人間性を磨こうとか、性格を良くしようとかという所から始まるものより、

これまでの自分の歴史を振り返った時に、困っている時に助けてくれた見ず知らずの人だったり、知人だったり、友達だったり、家族だったり。

そんな人たちを定期的に思い出す時間を作ること。彼らみたいに自分も他者に接しようという心の持ちの方が私はスッと入ってきやすい☻例えばただ単に道徳的な教えだから、良い事だから、という事だけで実践できない(*´Д`)笑、私はそんな仏ではない(*´ω`*)笑

 

なんか、ヨガはどこかで宗教?的な教えも実際存在するから、綺麗な心であらねばみたいなものをもつとそれが苦しみになる☻

特にヨガの200時間TT受けた人はカリキュラムでそんな講義が含まれているから余計に洗脳?ブレインウォッシュされやすくなるかも☻(私は200時間持ってないので周りに聞いた話からの想像ではありますが)

だからヨガのせんせーに道徳的な事言われて自分に制限がうまれてしまうタイプの人は、ほどほどに聞いておけばいいと思う(笑)

 

 

魅力ある人の共通点として、

これまで沢山の苦労をしてきているけど、それは他人にはみせないで人に優しい人。

そして静かに相手の感情に寄り添おうとしてくれている姿勢を感じる人。

 

この間、生徒さんと気になる異性への接し方について話していた時。

 

自分がその人に『能動的な』優しさだったり、『受動的な』優しさで接する事で、相手も自分に対してそのような態度で接してくれる。

これも、元々の性格というより、経験だとも思う。

されて嬉しかった事は自分もそうしたい。

 

女は男で変わるし、男も女で変わる。

子は親で変わるし、親も子で変わる。

人は誰とどのように過ごすかで変わる。